葬儀費用を安く - 死ぬ前に成すべき事と遺族

死ぬ前に成すべき事と残された遺族

人生も終盤に差し掛かると、多くの方が「どう死ぬべきか」を考えるものです。ここでは、死ぬ前に成すべき事と、遺族の「その後」についてをお伝えします。残していく家族に何をすれば良いのか、いつまでも悲しみから立ち直れない遺族の気持ちなど、去る側、残される側の両方の立場で、「死」を考えます。

死ぬ前に成すべき事と残された遺族 記事一覧

お金と登記 全て家族への愛情として是非とも準備しておくべき


死を覚悟し受け入れられるようになった方に、是非しておいて欲しい準備がお金と登記です。財産配分や相続がスムーズに行われると遺族は心配なく悲しみに浸れます。残された家族のために煩雑な手続きをすませておくことは一つの愛情です。

≫続きを読む

 

自分の葬儀費用くらいは残しておく 葬式費用にプラスお墓の費用を


葬式費用は、生前中に自分で用意したいと思う人は少なくありません。そのときセットで考えてほしいのがお墓の費用で、生前にお墓を購入してしまうことをお勧めします。生前のお墓の購入は、心情面でも費用の面でもメリットが大きいです。

≫続きを読む

 

写真の分類と受け渡し 想い出の整理は自分の為と家族の為に


残された家族にとって大事なのはお金だけでなく故人が遺したものや想い出に触れ、在りし日を偲ぶのも大事なことです。写真の整理やデータ化を行っておきましょう。またお棺に入れて欲しいものは、一まとめにしておくこともお勧めします。

≫続きを読む

 

残された遺族の気持ち 元気を出す必要も無ければ泣く必要も無い


遺族は元気を出す必要もなければ、泣かなければいけないものでもありません。悲しければいつまでも沈んでいても良いし、涙を流せなくても構わないのです。自分を追い込む必要もありませんし、心の動きを無理に抑える必要もありません。

≫続きを読む

 

遺族の中でのお別れ お線香をあげる事だけが弔いでは有りません


安い葬儀でも簡素なお葬式でもお金をかけずとも出来る弔い、立派な葬儀はあります。お金と弔いの気持ちとは関係ありませんし、弔いの形に正解はありません。お線香をあげる事だけが弔いでは有りません。自分なりの弔いが最良の弔いです。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧め葬儀会社 予算別 削減案 印象別 削減案 費用削減例 費用を削る 葬儀の平均額

マネーネット powered by TrendLead