葬儀の供物と香典

葬儀の供物と香典 記事一覧

供物 親戚が出すケースが多く葬儀の後は遺族と親戚が持ち帰る

お葬式の祭壇の周りに飾られている供物。あれがどんな意味を持ち、どれくらいの価格で、「その後」どうなるか知っていますか?供物の意味と価格をお伝えします供物のその後供物は霊前に供える「お供え物」であり、現在では親戚が出すケースが多くなっています。といっても、その費用は必ずしも親戚が負担する必要はありません。喪家側が支払い、のし紙に「親族一同」「孫一同」などと表記するケースが、全体の7割ほどです。もちろ...

続きを読む
お花 花輪と供花では近年では供花が主流で親戚が出す

かつて葬式のお花と言えば、お店の開店祝いのような大きな花輪が中心でした。この目立つ花輪のお花は、今でも漫画や小説、あるいはドラマの中で、わかりやすいモチーフとして見ることが出来ますね。花輪では無く供花が主流お花の今昔物語とその後しかし今は、供花と呼ばれるお花のスタイルの方が主流です。これは、お花とウォールバスケットをあわせても1メートル前後の高さのものであり、花輪に比べてかなり小さいです。これらを...

続きを読む
香典 葬儀費用全てを香典で回収するのは難しくアテにすべきでは無い

葬儀に限らず結婚式などでもそうですが、参列者の香典( あるいはご祝儀 )で、葬儀の費用全てを回収するのは非常に難しいですし、また、そのような人の厚意をアテにするのはあまりスマートなものではありません。香典で半分まかなえると考えないこと香典で葬儀費用回収は難しい結果的に香典のおかげで費用の半分をまかなえた、というのならば良いのですが、初めから「香典で半分まかなえるから」と考えていると、かなり手痛い結...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク