葬儀費用を安く - 供物と香典

葬儀の供物と香典

葬儀式場に必ずある、供物や供花。これって、誰がどんな形で幾らくらいで出すのか、そしてお葬式が終わった後はどうなるのか、気になった事はありませんか?供物と供花の今昔と、葬儀の後はどうなるか、また香典の相場と考え方をご紹介します。

葬儀の供物と香典 記事一覧

供物 親戚が出すケースが多く葬儀の後は遺族と親戚が持ち帰る


葬儀の供物は、親戚が出しますが費用は喪家側が支払い、のし紙に親族一同、孫一同と表記するケースが殆どです。中身は、果物、缶詰などの保存食品、乾きもののお菓子の3つに大別されますが、葬儀の後は遺族と親戚が持ち帰ります。

≫続きを読む

 

お花 花輪と供花では近年では供花が主流で親戚が出す


葬儀のお花は以前は大きな花輪が見られましたが、近年は供花が主流で、紫やピンクといった色合いのものを混ぜ、匂いのきついものや花粉が多いもの、派手なものは避ける傾向にあります。費用は7割程のケースで喪家側が負担しています。

≫続きを読む

 

香典 葬儀費用全てを香典で回収するのは難しくアテにすべきでは無い


葬儀の参列者の香典で、葬儀費用の全てを回収するのは非常に難しく、香典はアテにしないようにしましょう。親族からの香典は多額になりますが、その分、会食の費用、会葬お礼が必要になることを忘れないようにしましょう。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧め葬儀会社 予算別 削減案 印象別 削減案 費用削減例 費用を削る 葬儀の平均額

マネーネット powered by TrendLead