葬儀ローン ローンなので最終的に支払う葬儀費用の合計は高くなる

葬儀ローンを選ぶよりも自分の懐具合に応じた葬儀を選択する方が良い

当サイトで何度もご説明しているように、葬儀には多額のお金がかかります。

 

お墓までを合わせると300万円を越えるケースも珍しくありません。

 

 

突然訪れる葬儀のための葬儀ローン

葬儀ローンとは

葬儀ローンとは

葬式は、結婚式などと違い、突然訪れるものです。

 

「そんな大金、用意できない」という人は、葬儀ローンを利用することも出来ます。

 

これはその名前のとおり、葬儀にかかった費用をローンで分割して払っていくもの。

 

労働金庫が行うケース、クレジット会社が介入するケース、葬儀会社が独自に扱うケースなどさまざまですが、5年を掛けて完済できたり、頭金もまったくのゼロでできたりと、かなり選択の幅は大きくとられています。

 

まったく貯金がない状況であっても、きちんとした葬儀を執り行なうことができるため、余裕がない人はこれをお願いするのも手です。

 

葬儀ローンの注意点は支払い総額です

ただ注意してほしいのは、「支払い総額は非常に大きくなる」ということ。

 

ごく一例ですが、100万円の葬儀をした場合だと、総額で23万円近く多く支払わなければならない、と算出する業者もあります。

 

そしてこれは何も「暴利」でも「ぼったくり」でもなく、ごく一般的な金額なのです。

 

そのため、個人的には葬儀ローンを頼むことはお勧めしません。

 

葬儀の規模によって故人を送り出す気持ちが増減されるわけではないのですから、自分の懐具合に応じた葬儀を選択する方がいいですし、現実的です。

 

どうしても利用しなければいけない場合は、「どうしたら月々の負担を軽減できるか」という疑問をぶつけ、それに積極的かつ誠実に向き合ってくれる業者を選びましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク