無宗教 お布施が不要となり非常に安くあがる無宗教の葬儀費用

仏教式も他の宗教も選ばない無宗教の葬儀で費用を大幅に節約

仏教の葬儀 仏教式葬式のマナーで間違えやすい注意点 」でも触れましたが、現在日本における「無宗教」は、ほとんどが「仏教」と同意義語になっています。

 

 

仏教式も他の宗教も選ばないという無宗教

無宗教という選択

無宗教という選択

そのため、熟練の技と知識を持つ葬儀ディレクターでさえ、「無宗教です」と伝えれば、「ああ、どこの『宗派』なのかがわからないのだな、調べなければ」と思ってしまいます。

 

実際、無宗教の葬儀というのは非常に少なく、私も2例ほどしかみたことがありません。

 

このような誤解を生まないために、無宗教の葬儀を希望する場合は、「仏教式も、また他の宗教も選びません。完全に無宗教での葬儀をしたいです」と伝えてあげると親切です。

 

非常に安くあがる無宗教の葬儀

無宗教の葬儀は、非常に安上がりです。

 

後述もしますが、まずお坊様に支払うお布施が必要なくなります

 

これは50万円前後とかなり高額になりますので、これがそっくりなくなるということは、非常に大きいでしょう。

 

また、無宗教の葬儀はほとんどがこぢんまりとした、家族葬的なものになるため、葬儀全体の費用としてもかなり浮きます。

 

ある意味「イレギュラー」なこの方式を選ぶ場合、「この家庭から出る初めての故人」ではなく、今までにも何人かを送り出してきた家庭が多いです。

 

そのため墓などもすでに購入しているケースが多く(もしくは「無宗教」であるため、そもそも墓地をもっていない)、この点でもコストが削減できるでしょう。

 

もちろん「安くあげるためだけ」に無宗教を希望するわけではないでしょうが、相対的にみて、非常に安価な葬儀になる、ということは、覚えておいて損はありません。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク