最も費用を節約して安く葬儀をあげたいなら家族葬の選択を

家族葬で費用を節約しましょう・家族葬のデメリットについて

家族葬とは、その名前のとおり、「家族や限られた親族( ここに「故人と特に親しかった友人」を含める場合もあります )だけで」お見送りする葬儀の形をいいます。

 

 

近年人気の家族葬で費用を節約しましょう

家族葬の選択

家族葬の選択

家族葬という葬儀の方式には、いくつかのメリットがあります。

 

  1. 本当に親しかった人間だけで、ゆっくりお別れができる
  2. 「常識」にとらわれず、自由な形の葬儀が可能
  3. 安上がり

 

この中の、「安上がり」についてご説明します。

 

家族葬は参列者のことを考えなくてよい分、葬儀を非常に安くあげることが出来ます。

 

まず食事の代金をカットすることが出来ますし、お返しなどのお金もかかりません。

 

加えて、ホールも小規模( もしくはお部屋でのお見送り )で良いので、ホール代金も最小限で済みます。

 

一番大きな人件費に関しても、小規模なお式=割かれる人手も少ない、ということになるので、1人~3人分くらいで済ませることが出来ます。

 

家族葬のデメリット

このため、家族葬の場合は100万円を超えることは極めて稀です。

 

だいたい50万円前後に納まるケースが多いでしょう。

 

ただし、家族葬にはいくつかのデメリットもあります。

 

まずは、「私たちも故人を見送りたいのに」と周囲の反発を買う恐れがあること。

 

また、費用の面でも不祝儀( 香典 )が見込めないため、トータルの収支ではむしろマイナスになってしまうこともあります。

 

家族葬を行うには、周囲の理解が必須です。

 

故人が働き盛りだった場合は、「本当に親しかった人間だけで、ゆっくりお別れができる」以外の理由、つまり「本当に親しかった人間だけで、ゆっくりお別れができる」でなければ、一般的な葬儀にした方が良いでしょう。

 

逆に高齢の場合は、家族葬を選んでもトラブルも費用も少なくてすみます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク