故人をお送りする音楽 音楽も遺族や本人の希望が叶う

お見送りに正解は無い・大事なのは心を込めて故人をお送りする事

葬儀に使われる音楽というのは、基本的には、「声が入っていない」「しめやかで」「読経の邪魔にならないもの」です。

 

これはどこの葬儀会社もかわりませんし、中にはまったくの無音というところもあります。

 

 

音楽も遺族や本人の希望が叶えられます

お送りする音楽

お送りする音楽

私が勤めていた葬儀会社では、学齢期のお子様( 義務教育以下 )の場合は、有名なアニメソングのカバーでお送りしていました。

 

さて、この音楽ですが、これも遺族や本人の希望によって変えることができます。

 

実際に私が経験した葬儀では、故人が浪曲をやってらしたということで、故人が歌っていた浪曲でお見送りしたケースがあります。

 

浪曲ですから当然声も入っており、かなり明るいトーンの曲でしたが、非常に「故人らしい」お葬式だったと、参列者の方々が語っておられました。

 

音楽葬にも似た「おもいやり」のある葬儀に

テープ、あるいはCDは遺族側の持ち出しになります。

 

しかしこのように、故人の声や、故人が愛した曲で見送ることができるのは、音楽葬にも似た「おもいやり」を感じます。

 

葬儀のお花 故人の愛したバラの花でお見送り 」で触れたバラにしろ、笑っているお顔の遺影にしろ、声の入った音楽にしろ、葬儀に「正解」はありません。

 

大事なのは「心を込めて故人をお送りすること」であり、「常識的でセオリーどおりの葬儀をすること」ではないからです。

 

あまりにも常識から逸脱したものであれば、葬儀会社の人間が忠告してくれますから、遺族は、まずは自分たちや故人の希望を伝えましょう。

 

出来るかぎり、それに添おうとしてくれるはずですし、またその努力を放棄するような葬儀会社なら、信頼には値しません。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク