知られていない葬儀で出来ること

知られていない葬儀で出来ること 記事一覧

葬儀のお花 故人の愛したバラの花でお見送り

葬儀というと格式ばっていて融通がきかない。そんな風に思い込んでいませんか?でも、故人や遺族の希望でできることがたくさんあります。こちらの「 喪主として費用をかけて良かった葬儀アイテム 」でもお伝えしていますが、遺族の希望を叶えるという実例として、更に詳しくご説明します。故人や遺族の希望で出来る事・実体験より故人の愛したバラテーマは「花」。私の母はとてもバラが好きな人でした。「お花の王様だから!」と...

続きを読む
遺影 カラーで笑顔で普段着の遺影が主流

夏休みにおじいちゃんの家に行ったら、仏壇の部屋の壁に、白黒写真で着物を着たご先祖様の写真が並んでいた…そういう経験はありませんか?白黒で真面目な顔の着物姿の遺影は過去のモノ遺影かつて遺影といえば、「白黒で」「真面目な顔をしていて」「着物姿」のものが一般的でした。そういう写真が無い場合は、修正していたほどです。ですが21世紀に入ってからは、このような処理はむしろ少数派です。体感としては、全体の2~3...

続きを読む
故人をお送りする音楽 音楽も遺族や本人の希望が叶う

葬儀に使われる音楽というのは、基本的には、「声が入っていない」「しめやかで」「読経の邪魔にならないもの」です。これはどこの葬儀会社もかわりませんし、中にはまったくの無音というところもあります。音楽も遺族や本人の希望が叶えられますお送りする音楽私が勤めていた葬儀会社では、学齢期のお子様( 義務教育以下 )の場合は、有名なアニメソングのカバーでお送りしていました。さて、この音楽ですが、これも遺族や本人...

続きを読む
精進料理 必ずしも精進料理を選ぶ必要は無く費用削減を

葬儀のときは、基本的に殺生や生臭をさけます。当然料理に関してもこの考えは生きており、精進料理が基本になっています。しかしこの、振る舞い料理にもかなりバラツキがあります。振る舞い料理にもバラツキがあります精進料理は必要ない「やっぱり肉や魚が入っていたほうが美味しいから」という理由で、魚や肉が入った料理を選ぶケースもあるのです。これも体感的なものになりますが、私が石川県で働いていた時は、9割5分ほどの...

続きを読む
遺族の希望で出来る事 葬儀に一番大切なのは故人と遺族の想い

今までの4つで見てきたように、遺族の希望で簡単に変更ができ、かつその人らしい葬儀にするには、「花」「遺影」「音楽」「料理」が大きな要素です。希望が叶えられないことの方が少ない希望は叶えられる特に、遺影や音楽は別料金が発生するケースは極めて稀なため、手軽に変更することが可能でしょう。花などの場合は季節もありますから、まずは葬儀会社に問い合わせをしてください。遺族の希望で出来ないことの方が、むしろ限ら...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク