新興宗教の葬儀 新興宗教の独自のマナーとルール

新興宗教の葬儀には独自のマナーとルールがあるのでアナウンスに従う

言うまでもないことですが、日本では信心の自由が保障されています。

 

たくさんの宗教があふれていますし、新興宗教も次々と起こっています。

 

 

新興宗教の葬儀全般についての考え方

新興宗教の葬儀

新興宗教の葬儀

その種類は非常に多く、一つ一つを取り上げることは避けようと思います。

 

ここでは、どれが一つ特定の新興宗教に関してではなく、新興宗教の葬儀全般についての考え方をご紹介します。

 

あなたが特定の新興宗教を信じ、同じ宗教を信じる人の葬儀にでるなら、話は簡単です。

 

あなたが信じている宗教のやり方にのっとり、故人をお送りすればいいのです。

 

新興宗教の葬儀に仏教等の信者が参列する場合

しかし問題は、故人( もしくは遺族 )が新興宗教を信心していたけれど、あなた自身は仏教( あるいはその他の宗教 )を信じていた場合

 

どうしても「他の宗教の葬式には出たくない」というのであればその時点で辞するでしょうから、「まぁその宗教は良く分からないけど、故人と親しかったから」と葬儀に参加する人を対象にご説明します。

 

まったく作法がわからないから、戸惑うことが多いでしょう。

 

遺族や故人が、「どんな形であってもいい、故人を見送ってくれれば」と考えているなら良いのですが、「ウチの宗教にあわせて見送ってくれなければ困る」という場合はなかなか大変です。

 

葬儀会社が介入し葬儀をしている場合は、折々( 仏教でいうご焼香のタイミングなど )でアナウンスが流れるので、それに従ってください

 

お数珠などを持っているときはカバンの中にしまい、指示に従うのが無難です。

 

独自のルールや時間配分で予定が読みにくいので、スケジュールには余裕を。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク