葬儀と宗教別の葬式マナー

葬儀と宗教別の葬式マナー 記事一覧

仏教の葬儀 仏教式葬式のマナーで間違えやすい注意点

あなたの隣の人に、「何の宗教を信じていますか?」と聞けば、9割以上の確率で、「仏教」もしくは「無宗教」という答えが返ってくるでしょう。葬式は仏教スタイルというのが最もメジャーメジャーな仏教日本人の宗教観のたとえとしてよく言われる、「新年になれば神社にお参りにいって、結婚式は教会であげて、葬式は仏教式で」というもの。宗教観のチャンポン、という意味合いで使われる言葉ですが、同時に「葬式=仏教」というよ...

続きを読む
神道の葬儀 神道式葬式のマナーと手順について

神道での葬儀は、全体のわずか2パーセント。そう聞くと、大半の人が「想像以上に少ない」と思うでしょう。想像以上に少ない神道での葬儀神道のお式はわずか新年は神社に参拝に行きますし、キリスト教などに比べてずっと多いイメージがあるのに不思議ですよね。さて神道での葬儀で一番特長的なことは、榊を使う事でしょう。かつて榊は「祭事に使われる草木の象徴」とされていましたが、今では「緑色で常に繁殖していること」から、...

続きを読む
キリスト教の葬儀 キリスト式葬式のマナーと賛美歌

ごく一般的なお悔やみの言葉として用いられる、「ご愁傷さまでございます」という言い回し。これは仏教や神道などあらゆる宗教・宗派において使うことのできる、万能の言い回しであるとされています。キリスト教での葬儀でご愁傷さまはNGキリスト教では死=悲しみではないしかしこの言い方が望ましくない宗教があります。それは、キリスト教です。キリスト教にとって、死とは「神の御許に近づく」「神の御許に参る」「神の御許に...

続きを読む
新興宗教の葬儀 新興宗教の独自のマナーとルール

言うまでもないことですが、日本では信心の自由が保障されています。たくさんの宗教があふれていますし、新興宗教も次々と起こっています。新興宗教の葬儀全般についての考え方新興宗教の葬儀その種類は非常に多く、一つ一つを取り上げることは避けようと思います。ここでは、どれが一つ特定の新興宗教に関してではなく、新興宗教の葬儀全般についての考え方をご紹介します。あなたが特定の新興宗教を信じ、同じ宗教を信じる人の葬...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク