小さなお葬式 葬儀費用を堂々と打ち出し如何に安くするかに着目

如何にして葬儀費用を安くするか着目・オリジナリティは求められない

「小さなお葬式」という言葉には、二つの意味があります。

 

一つ目は、単純に「小規模なお葬式」を指す場合。

 

もう一つは会社名としての「小さなお葬式」。

 

今回は後者、「小さなお葬式」という名前の葬儀会社に着目していきます。

 

 

「如何にして葬儀費用を安くするか」に着目している

 

小さなお葬式 WEBサイト

小さなお葬式 WEBサイト

 

小さなお葬式 WEBサイト

小さなお葬式 WEBサイト

 

小さなお葬式の一番の特長は、「如何にして安くあげるか」を考えている点にあります。

 

この点が非常に特長的であり、料金設定の明瞭さ、価格の安さでは、他の葬儀会社の追随を許しません

 

料金設定が前面に押し出された資料は、「今すぐお葬式の必要がある」「そろそろ危ない」という状況に対してだけではなく、「満足に葬式をしてもらうには、いくら貯めておいたらよいのだろうか」という、「これからのために」という観点からであっても、非常に有用です。

 

見積りに関しても、「まだ全然何も決まっていない状況で」と言えば、いくつかのパターンを提示してくれます。

 

どの葬儀も、基本的に「小規模葬」を基本としていますが、三つのケースでそれぞれ見積りを出してくれます。

 

オリジナリティは求められない

 

小さなお葬式の特長1

小さなお葬式の特長1

 

小さなお葬式の特長1

小さなお葬式の特長1

 

小さなお葬式の場合、オリジナリティの演出を求めることはできません

 

「葬儀を安く上げる」ことに重点をおいていますから、スタッフが丁寧であっても、あまりイレギュラーなことは頼めないでしょう。

 

そのため、「こんな形でお送りしたい」「こんな風に見送られたい」という強い希望がある場合は、その意向に添うことは難しい、というのが現状です。

 

追加料金なし「小さなお葬式」の詳細はコチラ

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク