プロが提案する葬儀費用削減の具体例

プロが提案する葬儀費用削減の具体例 記事一覧

葬儀費用の内訳と費用節約で削れる部分と削れない部分

葬儀の費用というのは本当に上下が激しく、差が出やすいものです。かつ、なかなか表に出てこないため、内訳金額を明確にするのが難しくもあります。さらに加えて、葬儀会社で独自のプランをたてているため、「これが正しい」と言い切ることができない、という問題もあります。それでも、一通り知っておきたいのが当然のこと。ここでは、できるだけメジャーな方法でわけた「内訳」をご説明します。大きく分けて考えると5つ葬儀全般...

続きを読む
費用が安くても見栄えがする葬儀に付けたいお得なアイテム

ここでは、安くても見栄えがするもの・多少費用が高くなっても付けると有用なものの2点を個別にご案内します。まずは、「安くても見栄えがするもの」から。安くても見栄えのするものは供物・灯篭・盛り籠見栄えがするもの葬儀に有ると見栄えのするものは、灯篭や供物、供花やもりかごです。これは「見栄え」だけでなく、後々にも有用ですから、ぜひ採用したいところです。供物や供花、もりかごは、葬儀のあとバラバラにされ、引き...

続きを読む
費用が高く葬儀に付けても価値が分からない不要なアイテム

前ページでは「安くて見栄えがする葬儀アイテム」に触れましたが、今回は高くてもわかりづらいものを紹介しましょう。本当にそれは葬式に必要か? と一緒に考えてもらえれば嬉しいです。まず要らない必要のないもの本当に必要?「葬儀に要らない!」と断言できるのは、コーヒーサービス。私が勤めていた葬儀会社はかなりしっかりしており、コーヒー+お茶+子供向けにジュースを出していて、フリードリンクだったのですが、これが...

続きを読む
葬儀会社の人間としてもったいない葬儀費用のかけ方

私が葬儀会社に勤めていたとき、当然何件もご葬儀に立ち会いました。その中で、「もったいないお金のかけ方をしたなぁ」という例を紹介しましょう。最後の親孝行という感情と実際の支払いについてもったいないもの亡くなったのは90歳をこえるご高齢の方。この場合、優良な葬儀会社であれば、不当なプランを勧めることなく、見込まれる参列者の数などを経験的に判断し、プランを組み立てます。それを聞いてさえいれば、あまり大き...

続きを読む
喪主として費用をかけて良かった葬儀アイテム

葬儀会社に在職中、私は母を亡くし、勤めていた会社に葬儀を頼みました。「葬儀会社の立場」と「遺族の立場」、両方を私は体験したことになります。それでは、送る側、遺族側としてみたときに、「お金をかけて良かった」と感じたところを紹介します。やはり花祭壇は魅力的・愛した花で見送るということお金をかけて良かったところ再三触れてきてはいますが、やはり一番良かったのは、母が愛した花に囲まれて見送ることが出来た、と...

続きを読む
葬儀会社の人間だけが知り得る葬儀を安くする裏ワザは式場選び

ここでは、葬儀会社のちょっとした裏話をご紹介します。葬儀費用削減の為になるし、参考にもなることなので、お付き合いください。式場費用を安く上げられる意味会場の選び方式場費用は削ることができる、というのは何度か紹介してきました。式場というのは、大きさによって費用が大きく変わります。パーテーションで仕切ることが出来るところもありますね。実はこれ、「ちょっと小さくても何とかなってしまう」んですよ。というの...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク