基本を踏まえてのオリジナリティ葬儀 予算費用150~300万円

オリジナリティ葬儀にお勧めな祭壇を彩る花へのこだわり

前のページでは比較的ローコストのものを紹介しましたが、今回は150万円~300万円の費用でオリジナリティを出す葬儀の方法をお教えします。

 

 

現実的にはこちらの方が採用される150~300万円のオリジナリティ葬儀

現実的には、前者の50万円~100万円よりも、こちらの150万円~300万円の費用の葬儀が採用されています。

 

この金額になると、世間一般でイメージされるような「葬儀」「葬式」の形の中でオリジナリティを出す、という方向になってきます。

 

故人や喪家の宗教にのっとり行われるケースがほとんどで、臨席する人たちの戸惑いも少なくてすむというのがメリットです。

 

ぜひ拘って欲しいポイント「お花」

オリジナリティ演出

オリジナリティ演出

このプランのときに変更するものとしてお勧めなのは「お花」です。

 

これは棺に入れる花をさすのではなく、祭壇を彩る花の方です。

 

一般的には菊もしくは榊ですが、故人が花が好きだったのなら、そのお花で統一した祭壇を作ったり、プラスアルファでいれるのが良いですね。

 

私の母は薔薇が大変好きだったので、普通は葬儀に使うものでは無いのですが、薔薇をふんだんに取り入れた花祭壇を作ってもらいました。

 

葬儀会社によっては花祭壇自体を取り扱っていないところもありますが、尋ねてみると良いでしょう。

 

また、喪家が畑を有していたので、その畑で収穫したものを食事に使うというのものありました。

 

「出来ないに決まっている」と、あきらめるのではなく、とにかくいろいろ相談してみましょう!

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク