費用を抑えた安くて落ち着いた葬儀 予算費用50~100万円

日本古来のお見送り・仏花に彩られた葬儀・葬儀会社で行わない

「自分が見送られるときにはこんな葬儀にしたい」

 

「こういう風にお送りしたい」

 

「故人の生前の言葉を生かした式にしたい」

 

葬儀にはさまざまな思いがあるでしょう。

 

今回は、金額は控えめながら、落ち着いた静かな葬儀を作る方法を探しました。

 

 

イレギュラーなことはせず日本古来のお見送り・仏花に彩られた葬儀

落ち着いた葬式

落ち着いた葬式

現在のお葬式では、「仏花」とはいっても、実際は菊だけではなく、いろいろなお花が入ってくるスタイルが主流です。

 

また、御遺影に関しても、カラーで微笑んでいる写真のほうが圧倒的に多いです。

 

これらは多くの場合「基本料金」に含まれており、たとえ菊だけにしても費用は大きくはかわりません

 

ただ、「静かで落ち着いた葬儀を」と望むなら、あえて黄色と白の菊と白黒着物の御遺影を用意する、という方法もあります。

 

ある程度融通はきかせてもらえるものの、季節外れや単価が高い花を使ったりすれば費用が上がる可能性もありますから、結局はこのように、「イレギュラーなことはしない」というプランの方が金額的にも安く上がります。

 

「葬儀会社で行わない」という選択

葬儀に関して「慣れている、要領がわかっている」と断言できるのは、おそらく葬儀ディレクターの資格を持っているひとくらいです。

 

そのため、個人的には葬儀会社の人を介した方が話はスムーズに進みます。

 

しかしながら、進行だけをお願いし、会場はお寺などを使うという方法もあります。

 

この方法だと人件費をおさえることもできますし、会場などの使用料も安く上がります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク