印象別 葬儀費用 削減案

印象別 葬儀費用 削減案 記事一覧

費用を抑えた安くて落ち着いた葬儀 予算費用50~100万円

「自分が見送られるときにはこんな葬儀にしたい」「こういう風にお送りしたい」「故人の生前の言葉を生かした式にしたい」葬儀にはさまざまな思いがあるでしょう。今回は、金額は控えめながら、落ち着いた静かな葬儀を作る方法を探しました。イレギュラーなことはせず日本古来のお見送り・仏花に彩られた葬儀落ち着いた葬式現在のお葬式では、「仏花」とはいっても、実際は菊だけではなく、いろいろなお花が入ってくるスタイルが主...

続きを読む
華やかで見栄えのする葬儀 予算費用150~200万円

「最後に行う親孝行だから、華やかで見栄えのする葬儀にしたい」という考え方も根強く、「リーズナブルにあげたい」という考えと拮抗しています。しかしお財布の中は気になるもの。見栄えのする葬儀になる基本を考えましょう。「祭壇の大きさは関係ない」それって本当?見栄えのする葬儀よく葬儀会社のホームページなどで、「祭壇の大きさは関係ない」「見栄えは全体の進行で決まる」といわれています。これは一面の真実であるし、...

続きを読む
費用は関係ないオリジナリティ葬儀 予算費用50~100万円

「本人らしい葬儀にしたい」、「生前の本人をしのべるような葬式にしたい」という考えは、送る人間がみんな持っているものでしょう。「オリジナリティをいれた葬儀」というのは、現在ではかなり大きな需要があります。そこでここでは、50万円~100万円編と150万円~300万円編にわけて考えましょう。無宗教のススメオリジナルな葬式50万円~100万円の費用でオリジナリティのある葬儀をしたいと望むなら、無宗教にし...

続きを読む
基本を踏まえてのオリジナリティ葬儀 予算費用150~300万円

前のページでは比較的ローコストのものを紹介しましたが、今回は150万円~300万円の費用でオリジナリティを出す葬儀の方法をお教えします。現実的にはこちらの方が採用される150~300万円のオリジナリティ葬儀現実的には、前者の50万円~100万円よりも、こちらの150万円~300万円の費用の葬儀が採用されています。この金額になると、世間一般でイメージされるような「葬儀」「葬式」の形の中でオリジナリテ...

続きを読む
明るい雰囲気で笑顔で見送る葬儀 予算費用100~150万円

かつての「儀式」としての「葬儀」ではなく、現代では「お見送り」「お別れの会」としての「葬式」という形がメジャーになっていっています。形も大事ではありますが、もっと大事なのは、送る人が納得し故人を偲ぶこと。そういう考えが根付きつつある今、「笑顔で送るお葬式」があっても良いのではないでしょうか。値段と年齢明るい葬儀ざっくり言ってしまうと、葬儀にかかる費用と故人の年齢というのはある程度比例します。働き盛...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク