予算別 葬儀費用 削減案

予算別 葬儀費用 削減案 記事一覧

10万円以内の葬儀 骨壷と棺の費用・無宗教・配偶者と子供の家族葬

10万円以内の葬儀 何を費用削減・節約する・どこまで出来るか?葬儀は、とかくお金がかかるものです。このカテゴリーでは、金額別に応じた葬儀内容を解説します。お財布の事情と相談しながらチェックされると、葬儀費用削減の参考になります。費用10万円で葬儀をあげたい・必要になる拘り10万円以内の葬儀10万円で葬儀をあげるとなると、実は葬儀平均費用のケースよりも、ずっとずっと「拘り」が必要になってきます。葬儀...

続きを読む
20万円以内の葬儀 家族葬・お布施と火葬場と式場費用が含まれない

20万円以内の葬儀 何を費用削減・節約する・どこまで出来るか?「10万円で出来ること」は極端に少なく、むしろ、かなり拘りのある人ではないと実現不可能である、ということは、前のページでご説明しました。では、葬儀費用を倍額の20万円に増やすと、どうなるのでしょうか。費用20万円での葬儀で出来ること20万円以内の葬儀「20万円でプランニングします」と言ってはいても、お布施の金額や火葬場の費用、式場の金額...

続きを読む
50万円以内の葬儀 親族家族で見送る家族葬で席が30前後の費用

50万円以内の葬儀 何を費用削減・節約する・どこまで出来るか?「50万円」という金額は、決して安いものではありません。しかしこの金額で葬儀すべてをまかなおうとすると、それでもなかなか厳しくなってしまう金額でもあります。費用が50万円で、何が出来るのかをご説明します。対象者はご高齢の方が多い・穏やかな見送りに50万円以内の葬儀50万円ですと、祭壇やお花、火葬場の使用料金が含まれるケースが多いです。料...

続きを読む
100万円以内の葬儀 最初の提示費用・小さな祭壇で簡単に実現

100万円以内の葬儀 何を費用削減・節約する・どこまで出来るか?100万円、というのはお葬式の価格として一般的な価格のひとつです。そのため、出来る事もぐっと広がります。100万円は1つのライン100万円以内の葬儀葬儀にかかる平均費用は237万円ほどです。しかし葬儀スタッフとしての私の経験上、100万円はひとつのラインだと感じました。というのも、大体100万円のプランを選んで、それにプラスアルファを...

続きを読む
300万円以内の葬儀 平均費用・ほとんどの無い基準レベル

300万円以内の葬儀 何を費用削減・節約する・どこまで出来るか?300万円の葬儀費用というのは、葬儀における平均金額にかなり近いものです。つまり、世間の人たちや私たち自身が想像する「葬儀」というのは、このクラスのモノだ、ということですね。では、その内容を確認してみましょう。葬儀会社の写真とパンフレットが300万円クラス300万円以内の葬儀葬儀会社のホームページに載っている写真、あるいはパンフレット...

続きを読む
1千万円以上の葬儀 非常にレアなケース・ご参考までに

ごくまれですが、1000万円以上の葬儀を希望される御遺族の方もおられました。そうそうこのようなケースにはあてはまらないと思いますが、参考がてらお付き合いください。1000万円以上のお葬式・頻度はどれくらい?1千万円以上の葬儀葬儀費用が1000万円以上のお葬式というのは、葬儀会社であっても非常にまれです。この上に、さらにお墓の代金やお布施が上乗せされるわけですから、一般的な家庭ではかなり厳しいものが...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク