300万円以内の葬儀 平均費用・ほとんどの無い基準レベル

私たちが目にする葬儀の形や写真は300万円クラスの葬儀

 

300万円以内の葬儀 何を費用削減・節約する・どこまで出来るか?

300万円の葬儀費用というのは、葬儀における平均金額にかなり近いものです。

 

つまり、世間の人たちや私たち自身が想像する「葬儀」というのは、このクラスのモノだ、ということですね。

 

では、その内容を確認してみましょう。

 

葬儀会社の写真とパンフレットが300万円クラス

300万円以内の葬儀

300万円以内の葬儀

葬儀会社のホームページに載っている写真、あるいはパンフレットに載っている写真…

 

その多くは、この300万円クラスの葬儀費用のモノです。

 

つまり、祭壇にしろ花の数にしろプランニングの数字にしろ、私たちが目にする葬儀の形や写真というのは300万円クラスの葬儀が基準なのです。

 

おそらく、そのあとに小さな祭壇を目にしたときに感じる「小さい」という感覚は、この写真に馴らされているから、というのもあるでしょう。

 

花や供物などの数も、一度数えておくと良いですね。

 

食事・引き出物・香典返し・一通りのものが揃う

費用300万円のプランの場合、食事や引き出物、香典返し、お布施の金額も含まれて概算が出されるケースが多いでしょう。

 

バスなどのチャーターも、300万円クラスからが多いですね。

 

ほとんどを葬儀会社にお任せしたとしても、この金額が用意出来ているのならほとんど不安は無いはずです。

 

このクラスを選ぶのは、喪主が現役( 40代~50代前半が多い )で、亡くなった方が70代~80代の方。

 

少し変わったケースでは、喪主が現役の警察官で奥様を亡くされたのですが、大きな事件の最中であり、職場関係の人の臨席が通常より難しい、といったものもありました。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク