100万円以内の葬儀 最初の提示費用・小さな祭壇で簡単に実現

全てを含めて100万円の葬儀にするのなら祭壇はやや小さなものを

 

100万円以内の葬儀 何を費用削減・節約する・どこまで出来るか?

100万円、というのはお葬式の価格として一般的な価格のひとつです。

 

そのため、出来る事もぐっと広がります。

 

100万円は1つのライン

100万円以内の葬儀

100万円以内の葬儀

葬儀にかかる平均費用は237万円ほどです。

 

しかし葬儀スタッフとしての私の経験上、100万円はひとつのラインだと感じました。

 

というのも、大体100万円のプランを選んで、それにプラスアルファを付け足していく、という形が多かったからです。

 

葬儀会社によって違いはありますが、基本プランの中には、祭壇料金・お花料・式場とお部屋の代金・搬送費用・納棺・消耗品の提供などが含まれます。

 

ここに、香典返しの費用や食事、引き出物などを加えて葬儀費用150万円ほど、お布施でプラス50万円というケースが基本でした。

 

そのため、はじめに提示される金額として100万円は非常に平均的なのです。

 

すべて含めて100万円を目指すなら・喪主が現役ならこのクラスの葬儀が妥当 

しかし、「葬儀費用すべてを含めて100万円」にするのなら、祭壇はやや小さなものを選ぶ事になるでしょう。

 

逆に言えば、「祭壇を小さなものにしさえすれば、予算100万円で葬儀すべてを行うことは、そんなに難しいことではない」ということです。

 

喪主が現役であり、故人がかなりの高齢である場合は、だいたいこのクラスの葬儀費用が妥当だと言えるでしょう。

 

香典返しはあまれば返品可能ですが、ちょっと余分に見積もって、100~200個くらいを用意するのが一般的です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク