50万円以内の葬儀 親族家族で見送る家族葬で席が30前後の費用

50万円の葬儀では対象者が高齢で祭壇・お花・火葬場料金が含まれる

 

50万円以内の葬儀 何を費用削減・節約する・どこまで出来るか?

「50万円」という金額は、決して安いものではありません。

 

しかしこの金額で葬儀すべてをまかなおうとすると、それでもなかなか厳しくなってしまう金額でもあります。

 

費用が50万円で、何が出来るのかをご説明します。

 

対象者はご高齢の方が多い・穏やかな見送りに

50万円以内の葬儀

50万円以内の葬儀

50万円ですと、祭壇やお花、火葬場の使用料金が含まれるケースが多いです。

 

料理に関しては、人数にあわせて含まれたり含まれなかったり、というところです。

 

50万円台以内の葬儀で見送られる故人は、ご高齢の方がほとんどです。

 

かつ、喪主( 多くの場合は息子さんが担当されるかと思います )がすでに第一線を退き、引退しているケースですね。

 

この場合、喪主つながりで臨席する人もほとんど居ませんから、このような形になることが多いでしょう。

 

香典返しも、一応は用意するものの、( 50個が目安です )30個~40個ほど返却されるケースがほとんどです。

 

実質的な家族葬・親戚と共にお見送り

予算費用が10万円・20万円のときと違い、50万円クラスになると、死亡通知を新聞などには載せるけど、案内状は出しません、というご家族が多いです。

 

来る人は拒みませんが、基本的には親族・家族でお見送りするというケースですね。

 

細かいことですが、火葬場にいく際もバスなどはチャーターせず、個別に車でいくケースも多いです。

 

式場に関しては、最も小さいものを使うことになるでしょう。

 

葬儀会社によっても違いますが、席は大体30前後です。

 

ただ、これが満席になるケースは稀です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク