20万円以内の葬儀 家族葬・お布施と火葬場と式場費用が含まれない

20万円の葬儀ではお布施・火葬場や式場料金・香典返し・料理も無理

 

20万円以内の葬儀 何を費用削減・節約する・どこまで出来るか?

「10万円で出来ること」は極端に少なく、むしろ、かなり拘りのある人ではないと実現不可能である、ということは、前のページでご説明しました。

 

では、葬儀費用を倍額の20万円に増やすと、どうなるのでしょうか。

 

費用20万円での葬儀で出来ること

20万円以内の葬儀

20万円以内の葬儀

「20万円でプランニングします」と言ってはいても、お布施の金額や火葬場の費用、式場の金額は加算していない葬儀会社もあります。

 

20万円ですと、私の葬儀スタッフの経験上、ご遺体の搬送費用、納棺、写真、ドライアイス、お線香に加えて、花が少しと衣装くらいです。

 

これだけ聞くと、「十分だ」と思うかも知れません。

 

しかし我々が「葬儀」と聞いてイメージするアイテムの多くが、この中には含まれていないということは抑えておくべきでしょう。

 

費用20万円で出来ないこと・足りないモノ

まずは、お布施。

 

それから式場の予算も難しいでしょう。

 

大体20万円の費用予算ですと、式場を借りる事が出来ても12畳の「親族控え室」である「お部屋」になります。

 

香典返しも用意できませんし、料理も無理です。

 

火葬料金がかかる地区ですと、ここもネックになるでしょう。

 

搬送費用について触れましたが、その葬儀会場の会員になった場合、この「搬送費用」が無料になることもあるので、20万円の費用ならばギリギリで仏教式の葬儀は可能かもしれません。

 

20万円の式の場合、好むと好まざるとにかかわらず、家族葬が基本です。

 

せちがらい話ですが、逝去した折に出すハガキでさえお金がかかってしまうので、このケースの場合は案内を行わないことがほとんどです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク