10万円以内の葬儀 骨壷と棺の費用・無宗教・配偶者と子供の家族葬

10万円の葬儀で必要な拘り・無宗教が基本・本当の意味での家族葬

 

10万円以内の葬儀 何を費用削減・節約する・どこまで出来るか?

葬儀は、とかくお金がかかるものです。

 

このカテゴリーでは、金額別に応じた葬儀内容を解説します。

 

お財布の事情と相談しながらチェックされると、葬儀費用削減の参考になります。

 

費用10万円で葬儀をあげたい・必要になる拘り

10万円以内の葬儀

10万円以内の葬儀

10万円で葬儀をあげるとなると、実は葬儀平均費用のケースよりも、ずっとずっと「拘り」が必要になってきます。

 

葬儀に、何がなくても欠かせないもの。

 

それは骨壷と棺でしょう。

 

千差万別、ピンからキリまでありますが、この骨壷と棺の二つで大体5万円ほどです。

 

この2つがない限り、ご遺体を燃やす事は出来ませんので、これで半分費用がかかります。

 

さて、残り5万円の内訳ですが、納棺などの手続き、部屋の賃料、最低限の搬送料金を考えると、この5万円はアッという間になくなってしまいます。

 

費用10万円なら無宗教が基本で本当の意味での家族葬

葬儀費用を10万円で抑えようとすると、( 身内や喪主が僧侶でない限り )無宗教が基本です。

 

お布施が葬儀費用に占める割合は、かなり高いからです。

 

また家族葬、それも「親族葬儀」ではなく、本当の意味での「家族葬」、配偶者と子供くらいの規模になります。

 

費用予算が10万円の場合、祭壇は用意出来ないでしょう。

 

花なども、場合によっては持ち込むことを考えたほうが良いかもしれません。

 

10万円以内に葬儀費用を収めるというのは、実は「平均金額」で行うよりも、拘りを持たなければ出来ない事です。

 

それだけに、良い葬儀会社を選びたいものですね。

 

事前に見学にいくことをおすすめします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク