葬儀費用を安く - 予算別費用削減案

予算別 葬儀費用 削減案

葬儀は誰もが慣れていなく、戸惑うものです。特に、「お金は幾らかかるのか」というのは、とても大きな問題ですよね。ここでは予算別に、その内容を紹介していきます。出来ること、出来ないこと、対象者はどんな人か。葬儀の費用を抑えたい方へのアドバイスをご紹介します。

予算別 葬儀費用 削減案 記事一覧

10万円以内の葬儀 骨壷と棺の費用・無宗教・配偶者と子供の家族葬


葬儀費用を10万円で抑えようとすると無宗教が基本です。お布施が葬儀費用に占める割合が高いからです。家族葬で配偶者と子供くらいの規模で、祭壇は用意出来ないでしょう。花なども持ち込むことを考えたほうが良いでしょう。

≫続きを読む

 

20万円以内の葬儀 家族葬・お布施と火葬場と式場費用が含まれない


葬儀費用を20万円以内にする場合、家族葬が基本です。ご遺体の搬送費用、納棺、写真、ドライアイス、お線香、花が少しと衣装くらいです。葬儀と聞いてイメージするアイテムの多くが、含まれていないということは抑えておきましょう。

≫続きを読む

 

50万円以内の葬儀 親族家族で見送る家族葬で席が30前後の費用


葬儀費用が50万円の予算ですと、祭壇、お花、火葬場の使用料金が含まれるケースが多いです。来る人は拒みませんが、基本的には基本的には親族・家族でお見送りするというケースで、式場は最も小さいもので席は大体30前後です。

≫続きを読む

 

100万円以内の葬儀 最初の提示費用・小さな祭壇で簡単に実現


葬儀費用100万円というのは、お葬式の価格として一般的な価格のひとつです。葬儀会社から最初に提示される金額として100万円は平均的です。祭壇を小さなものにすれば、予算で葬儀すべてを行うことは難しいことではありません。

≫続きを読む

 

300万円以内の葬儀 平均費用・ほとんどの無い基準レベル


葬儀費用が300万円というのは、葬儀の平均金額にかなり近いものです。良く目にする、葬儀会社の写真とパンフレットが300万円クラスです。食事や引き出物、香典返し、お布施の金額も含まれて、ほとんど不安は無いはずです。

≫続きを読む

 

1千万円以上の葬儀 非常にレアなケース・ご参考までに


葬儀費用が1000万円以上のお葬式というのは、葬儀会社であっても非常にまれです。祭壇は最も大きなものとなり、式場はすべて貸切で開放ですが、空いたホールにも椅子をならべ、スクリーンで葬儀の進行をみせるケースもあります。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
お勧め葬儀会社 予算別 削減案 印象別 削減案 費用削減例 費用を削る 葬儀の平均額

マネーネット powered by TrendLead