お墓の購入費用 場合によっては葬儀費用を超えるケースも

墓石と墓地の費用について

「死んでまで義理の両親に気を使いたくない。 私が死んだら、絶対絶対新しい墓を建てて、そこに埋葬して欲しい」というのが、私の母の希望でした。

 

 

墓石の費用について

お墓の購入費

お墓の購入費

本人も、後に遺族となる家族も冗談まじりに笑いながら聞いていたのですが、母を亡くした後、お墓の話になったとき、やはり彼女の意向を最大限汲もう、という流れになりました。

 

そのため、我が家では新しく墓石と墓地を購入することになったのです。

 

さて、この「墓石+墓地」。

 

この費用ですが、現実はかなり厳しいものだということを覚えておかなければなりません。

 

まず墓石ですが、これの平均額は約130万円! ( 石料金+石使用量+加工料金+施工費用 )

 

これが「墓石自体」にかかる費用です。

 

これだけでは「墓石を買った」にすぎません。

 

墓地の費用について

この墓石を置き、お骨を埋めるためには土地が必要です。

 

多くの場合は霊園を使用することとなるでしょう。

 

この「土地代金」は永代使用料とよばれますが、全国平均は55万円ほど。

 

土地の高い東京などでは100万円を超えます。

 

このように、一言に「墓を購入する」といっても、その費用は膨大なものになります。

 

葬儀料金を超えてしまうケースもあるでしょう。

 

ちなみに我が家では葬式に150万円ほど、お墓にも同じくらいの金額がかかりました。

 

決して馬鹿にならない費用なので、お墓を新しく購入しなければならない家庭の場合、必ず事前の準備が必要です。

 

尚、今は墓石のデザインも多種多様。

 

「自分らしいお墓」を生前に選んでおくのもよいですね。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク